FC2ブログ

空飛芝居

気の向くままにふらふら~と 書いています。
2018年11月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2019年01月
TOPスポンサー広告 ≫ &さいたま。TOPandrop ≫ &さいたま。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

&さいたま。

one-man live tour "angstrom 0.7 pm" 05.03(土)
@HEAVEN'S ROCK さいたま新都心VJ-3


行きたかった理由と、入ってからの選択に、
自分で戸惑って、いろいろ気づいたライブ。

ふふふ。ホテルに戻ってひとりで笑った。















やっぱりSE格好良いなぁ。4人のセッションのようなSE。
演奏してほしいなぁ。


この日、歌詞を飛ばすことが多かった。
Nam(a)e、Bell、Merrow、Youth、かな。

Nam(a)eは1番、ほにゃららら〜と途中まで、2番も途中から飛ばし。
確か「私はアナタ」を高音ではなく地で歌ってた。
かなり歌詞が行ったりきたりしてたから、逆によく立て直したな、と
思った。歌詞が飛びまくりだけれど演奏は途切れないし、すごいね。

Bellは、2番だったかな。Youthは「震えるのは冬の言葉」が2回出てきた。

こんな風に思いっきり歌詞をシャッフルしてたのだけれど、ひとつだけ。
Merrowで、「僕の為にも吹いてくれるの」を「僕のなかにも吹いてくれるの」
と歌っていて、なんか、いいなぁ、と思った。
なんで「なか」が出てきたのかわからないけれど、咄嗟感があった。
「僕の」と歌ったあとに一瞬間があって、「僕の、っなかにも」という感じ。
良かったなー。

Oneはじまりの、Bellまでの流れがだいすきだった。
periodの曲からはじまって、anewからrelightまでの少し前の曲を集めてて、
もううれしくないわけがない。

Memeの内澤さんのエフェクター踏みながらのあのギターも完璧に見えた。
あのエフェクターをあんな風に踏みながら、あんな風にギターを弾くのか!!
格好良すぎた。
歌い方も変わったけれど、ギターの弾き方もそれに比例にしている感じで
変わったなぁと思った。
やっぱり歌だけ、も好きだけれど、ギターを弾きながら歌ってくれていたら、
もっと好き。

HoshiDenwaの前の、前に佐藤さんのギターが鳴って。
あ、ほしでんわだ、と思ったら、佐藤さんのギターが大きくなって。
内澤さんが前田さんのほうに寄っていって、笑ってて。
そしたら佐藤さんが「スタンド・バイ・ミー」を歌った。
はじまりからサビまで。
さとうさんの英語、とても自然な感じだった。
英語を英語らしく発音しよう、としてなくて、
メロディに沿って、言葉が乗って自然な感じが、とても佐藤さんっぽかった。

そこからHoshiDenwaのイントロ。
この曲が聴きたくて京都に行くことを決めていたけれどひとあし早く聴けた。
七夕にもまた、聴けるかな。

Runの前でMC。

Under The Sunはいつもとびきり楽しそうに佐藤さんのほうを見ているの
だけれど今日は1回前田さんのほうを見ていたかな。
どちらにせよたのしそうだった。
ジャジャジャジャジャジャーンのところで、おーい、ってperiodのときみたいに。

Partyで、1234の指は、ピック持って1234としてたら少しぎこちない指に
なってた。いつもピック持ってたっけ。記憶にない。

Yeah!Yeah!Yeah!のイントロ、今回はエフェクターみえた。
このエフェクター、少し前はなかったエフェクターだと思う、やっぱり。
わかんないけれど、ギター弾きながらエフェクター踏んでて。
あの音、珍しい音だからきっと、たぶん…。
うーーー!もっとみたい!あのエフェクターとギター。
そして2番Aの佐藤さんのギター。
いたさんがおしゃれだと言っていたギター。
おしゃれだということを忘れていて、2番で何気なく佐藤さんのギターを見たら、
とてもすごい指と音のかんじになって、あ!!!これだ!!と思って、
見れてよかった。
これ凄い。


アンコールのセットをしていて、椅子ふたつとマイクを用意していて、
あ、内澤さん佐藤さんコンビか〜と思いながら、Echo Boy。
内澤さんの声がとてものびのびと気持ち良さそうだった。
力を込めるときに、マイクを両手で持つ姿が好き。
このときに、でもやっぱりギターを弾いて歌っている姿が好きだなぁと思った。

Boohooがないと、本編で思っていたら、内澤さんが、格好良いベース!と
あのイントロはじまり。

最後はMirrorDance。「何したっていいんだよ」の「だよ」をかなり力込めて、
込め過ぎて雑な部類に入りそうな感じだけれど、とても、とても良かった。



今回のライブになみなみならぬ思いを持ったひとは佐藤さん。
前のバンドでお世話になって、解散ライブをした、という話。


私が佐藤さんがスタンド・バイ・ミーをしたときに、なんとなく映画のことを
思い出して。
4人の友達のひと夏の冒険。
バンドで活動していた時間は、ひと夏の冒険にしては長過ぎると思うけれど、
その空気感、なんか友達と4人で、なにか大きいことしようぜ、ってはじめて。
うーーーん。なんだろう。
わかんないけれど、なんとなく映画のことを思い出した。
歌っている方が亡くなられたからその追悼の意味を込めて、とも聞いたので、
私の思ったことは、箱に入れて取っておく。



最後にまだきちんと自分のなかで整理ができてないから、整理できたらいいなぁ、
と思うこと。メモ。
私がこの日に、内澤さんの前にいることを選んで、内澤さんの前でライブを
観ていたけれど、何度か、隣りで手を握っていてくれたら、と思うことがあって、
その行きたかった理由と、自分が咄嗟に選んだ位置と、ライブ中の気持ちを整える。



スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。