FC2ブログ

空飛芝居

気の向くままにふらふら~と 書いています。
2018年11月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2019年01月
TOPスポンサー広告 ≫ &岡山。TOPandrop ≫ &岡山。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

&岡山。

one-man live tour "angstrom 0.7 pm" 05.09(土)
@CRAZYMAMA KINGDOM


この日、ライブの前に小学校に行ったり昔の友達と会ったりして
あんどろっぷの友達と会う約束はしていなかったけれど、
会場に行ったら会えて、開演までの間と、終演後、それぞれ友達と
過ごせたのが、ちょっと凄くて、とても楽しかった。

優しい思い出が増えました。ありがとう。
また岡山に行けたらいいな。
この日のボーカルさんはかなりご機嫌な様子だった。



前日に、岡山のラジオに出ていて、
曲はどうやって作ってるんですか、という質問があって。
内澤さんがひと通り全部作って、それを3人がそれぞれ聴いて、
自分なりに砕いて生音に変える、という話で、
ここはもう少しこうしたい、と言って作っていっている、と
佐藤さんが言っていて。
前に雑誌でも言っていたと思うけれど、もっと曲作りのこと
知りたいなぁ。
内澤さんのデモから、メンバーの意見を入れてどう変わったのか、
とか聴いてみたい。















始まるまで隣りにいたちゃんまいと今回のセトリは各会場で変えてきている、
という話をしていて、1曲目はなんだろうねーと言っていて。
ちゃんまいがBoohooで蹴散らしてほしいなーと言っていた流れからの、
1曲目、Boohoo。
ちゃんまいと目合わせて笑った。Boohooはじまりで嬉しかったの、初めてかも 笑。

それよりやっぱりあのSE、とんでもなく格好良いなぁ。
左右のスピーカー使って音が流れるのとか、もうどきどきする。演奏してほしいー。

袖から出てきたボーカルさん、珍しく、自分と佐藤さんの間のスペースに立った。
基本的に自分と前田さんの間のスペースに立つから、珍しいなーと思ったけれど、
あとは全部あっち側。


BoohooからのGliderからのShowWindow。
Gliderのはじまり、川崎で聴いたときに気づいた佐藤さんのギターの音が、
やっぱりとても好きだった。メロディあるやつ。

今回ShowWindowでは歌詞間違えていなかった。
クラップに合わせたギターはなかったけれど、最近そこばかり見ているからか、
この曲の内澤さんのギターを弾くときの手首がちょー良い…とか思い始めている。


Bellでは、いくよっ!と。
始まりと終わりの内澤さんのギターらぶ。
照明がオレンジで、なんだか暖かみがあるなぁ、と毎回思っていたことを思い出した。
「鳴らない」だったから、いつもなら語尾を伸ばすところを、
今回切っていて。それがもう!堪らなく良くて。
この日のライブでは、何曲かそのように、いつもは伸ばしているところを切ったり、
いつもよりも伸ばしていたり、音程を変えて歌ったりしていて、
それが堪らなく、良かった。
ここまでCDの音源と変えて歌うようになるなんて、どきどきする。堪りません。

Colorfulでは1番を歌っているときに首を横にゆらゆらさせていた。
この曲、ライブで聴くときの、ボーカルさんの色気が一番出ている気がする。
完全に自分のフィルターを通して観ているからそう思うのかもしれないけれど、
凄かったなー。色気あった。格好良い、とかじゃなくて、色気がある。
あと、今までそうだったのかわからないけれど、2番に入る前の佐藤さんのギターが
一音あがった気がする。もともとの音程が_として、それが___となっていたと
思っていたけれど今回、_| ̄のように、上がっていた。気がする。
うーーーん。これまでもそうだったのかな。

そこからのRoots。Rootsの内澤さんのギターがとてもとても良くて。
昔作った曲だから、自分がギタリストのときのギターだったとして、
内澤さんはあんなギターを弾いているのかな、と前に思ったのはこの曲かな。

ColorfulかRootsのどちらかで、ギターを弾きながら歌いながらエフェクターを踏もうと
えらく下を見ながら、弾いて歌っていて、このひと凄いなーと思った。

あとRootsで前田さんのほう見てた。最近前田さんのほうを向くことも増えてきた。
3曲くらい、前田さんのほうを見ていた。

AlphaからのYou。
この日、内澤さんの正面にいなかったこともあって、わりと余裕を持って、
佐藤さんと伊藤さんを観ることができた。


スタッフさんがタムを持ってきて、内澤さん佐藤さんカポ。
カポ付き3曲。Rainbows、Merrow、Traveler。
Rainbowsで内澤さんと佐藤さんが向かい合ってギターを弾くときに、
いつも内澤さん頷きながら佐藤さんとギターを弾いていて、
それがなんか兄弟みたいで、とても好き。
Image Wordとかもそうなんだけれど、2人のギターはじまりの曲の
向かい合ってギターを弾いている姿、とても好き。

Merrowでも、ひとつの単語の語尾を、切っていて、この曲だったかなぁ、
めちゃくちゃそれが良くて。
突かれた感じ。あれ人と人のあいだにいなかったから私くだけていた。

Travelerでは、イントロのギターを弾きながらずっと頷いていた。
リズムとっていたのかなぁ。
このドラムだったかな、伊藤さんのタン・タン・タンという動きが
ずっと一定で、見ていて心地よかった。
間奏では内澤さん前田さんのほうをみて、前田さんのほうから伊藤さんを見る、
という珍しい感じ。

Runでは、僕らのクレイジーママキングダムに〜、とライブハウス名を
入れようとしていたけれど、うまく続かなくて。
そしたら袖にいたスタッフさんが手で×としていて。
それをみて前田さんがえらく笑っていて。
ライブ前に、ライブハウス名を入れられるかな、という話でもしていたのかなぁ。
スタッフさんがああいうのしているの、初めてみた。

岡山パーティーしようぜ!からParty。
2番の、「1!君がいて」の部分で、「1!」で指を1として、
それをそのまま「君」で客席を差して、「2!」は指が客席向いたまま2としてた。
最後の、「I want to see you once more.」の「I want to see you」の音程を
かなり変えて歌っていて。
どんなだったかなぁ、かなり上がっていた。はじめて聴いた。びっくりした。

最後、Oneから新曲です!とYeah!Yeah!Yeah!からのVoice。

Yeah!Yeah!Yeah!の最後のサビで、ギターをジャーンと弾いてそのまま手を挙げる、
という動作が内澤さんと佐藤さんがそっくりで可愛かった。

Voice始まる前に、最後の曲です、と言い忘れていたのか、曲が始まってから、
最後の曲です、飛び跳ねろー!と言っていた。
途中で、前に出てきて、そのあと戻るときに、1テンポ戻るのが遅れて、
マイクを横に、戻りながら歌っていて、ちょっと格好良かった。


アンコールでは4人出てきたから、もしかして2曲かなぁ、と思っていたら、
Te To Te、Train、MirrorDance。

Te To Te、やっぱりいいねぇ…。でも最後の4人向き合うところは、
無邪気に楽しそうな感じではなく、いつもなシンプルな4人の感じ。

Trainのイントロが鳴って、いたさん!と思ってそこから佐藤さんを見ていた。
ギターっ子ふたりが好きな曲。前出てきてた。

MirrorDanceでは、やっぱり僕は岡山が好きだ。
最近、お前らが多かった気がする。


MCは伊藤さんが飛行機を乗り過ごした話。新潟の奇跡、とともに、岡山の誓い。
金曜日の飛行機の時間は、朝早いわけでもなかったし、こどもじゃないんだから、
遅刻はしないだろうと、かなり余裕を持って家を出た、と。
だけど、自分でも何があったか全くわかんないけれど、気づいたら横浜にいた、と。
伊藤さん大丈夫かね…笑。


このMCのときに、内澤さんとても楽しそうにいたずらっ子みたいに笑っていた。


この日の内澤さん、足を上げたり、ギターを体に寄せたり、言葉を切ったり伸ばしたり、
細かい動き、音、がとても良くて、たぶん隣りにいたら、叩いていた。
やっぱり好きだこのひと。

あと今日よく歌いながら、唇舐めていた。乾いていたのかな。








終演後にみよちゃんとふたりで、ニコ生とMCで出てきたママカリを食べて、
新幹線の改札で、またね、とわかれて、そのまま私は改札の前でメールを打っていて、
何気なく顔をあげたら見覚えある顔が通っていって、
え?!?!と思って、軽く追っかけたら、ギターさんで。
改札見たら、その前に、ベースさんがいて。わあ?!と思って連絡しなきゃ、と
思ってもう一度改札みたらボーカルさんの後ろ姿がみえた。
連絡したらみよちゃんはまだホームに行っていなかったからペン渡して、
もう一度見送った。
しばらくして電話があって、無事会えた、と。

みよちゃんはずっと前から彼らのことが、ボーカルさんのことが好きで、
私が会ったときの話とかも聞いてくれていて、だから今回みよちゃんが彼らに会えたことが、
とてもとてもとても嬉しかった。


これも、大事にとっておきたい思い出のひとつなので、ここに残す。






ギターさんと目が合って、ギターさんだ!と思ったときからボーカルさんを探した
自分がちょっと可笑しかった。
後ろ姿を見れて良かった。
スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。